【亀の本】うちのカメ―オサムシの先生カメと暮らす(石川良輔)

2017年8月28日

亀の本シリーズ第3弾は、亀とヒトとの暮らしを描いた生活と行動の記録(半生記)です。

昆虫学者である著者が、35年(!)の間いっしょに暮してきた亀との生活について記録した本です。亀への愛があふれるボクトツとした語り口で、亀とヒトとの生活の記録が描かれています。亀研究の第一人者である矢部隆先生の解説も付いています。

ただし、いまのように亀の飼い方を解説した本もほとんどないような時代だったのでしょう、飼育方法はあんまり参考にしないほうがいいトコロもたくさんあります(座敷飼いとか、ドッグフードとか、水槽小さい-などなど)。

しかし、それでも35年以上生きている…というのがすごいトコロです。亀のことをよく観察されている描写がたくさんありますが、亀と飼い主でシッカリ相談しながら試行錯誤してきたからこそなんだろうな、と思いました。

注意点としては、これをヒトが読むと亀を飼いたくなると思うのですが、われわれ亀はキチンと飼えばそれこそ35年生きますので、この著者くらい愛を注げるのかどうか、そのへんじっくり考えてもらえたらな、と思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

たわし

たわし

クサガメの「たわし」です。WEB屋の「野良人」に勤めるスタッフです。主な業務はエサ食べ、昼寝、甲羅干しなど。