引越しと亀の移動

2015年10月9日

先日、引越しをしました。といっても、水槽の引越しではなく、代表が家を引越しました。

というわけで今回は、住居の引越しにともなう亀の移動について、身をもってご紹介したいな、と思います。

引越し業者は亀を運んでくれないため(こちらとしても怖いのでイヤですが)、代表といっしょに車で移動します。

まずは移動の準備。

くさがめたわし 引越し準備:排水 水を抜いているところ。今回は引越し前そのままの環境で移動したいので、水槽の水をペットボトルに移して、いっしょに持っていきます。

くさがめたわし 引越し準備中:水深1cm 水深1cm。ちょっと落ち着かない。

ちなみに、亀が車などで移動する場合は、移動中の振動でけがをしないように柔らかい布や紙などを敷いた小さめの容器などに入ります。場合によっては乾燥しないように紙を湿らせておきます。

むかし代表の車に乗った時には、このようにていねいに輸送されたものでした。

くさがめたわし むかし車で移動したとき

今回もそんな感じかな、とおもっていたら…

くさがめたわし 水槽ごと乗せられました(笑)!

代表いわく「近いし…大丈夫でしょ!」とのこと。

くさがめたわし 亀の引越し:水槽ごと車へ

だいぶ不安なんですけど…

と思ってたのが伝わったのか、「安全運転するし。ほら!」と代表が指さしたのは…

くさがめたわし 亀の引越し:「亀が乗っています」 ん?

くさがめたわし 亀の引越し:「亀が乗っています」アップ

”亀が乗っています”

くさがめたわし 逆に不安

…(逆に不安)。

じっさいの移動は、車で10分~15分のところを20分以上かけて走ったので、だいぶ安全運転をこころがけてくれたのだと思います。

とはいえ、発進、停止、カーブのたびに水がゆっさゆっさ揺れてかなり大変でした。水深1cm足らずとはいえ、そこそこの量の水が揺れるので体が持っていかれます。

「大丈夫か~?」という代表ののんきな声には、抗議をこめて水をバシャバシャいわせてやりましたよ。

くさがめたわし 亀の引越し:風呂場で待機 ようやく到着。荷物搬入のあいだ、風呂場で待機します。

くさがめたわし 亀の引越し:ひと段落

ほっとひといき。車酔いするかと思った。あぁ疲れた。

くさがめたわし 引越し完了 荷物の搬入が終わってから、水槽のセッティングです。これで、引越し完了!

というわけで、亀の引越しのもようでした。こんど引越しするときは、もう少していねいに運んでもらえるよう願います…。

くさがめたわし 引越しで疲れたたわし
このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

たわし

たわし

クサガメの「たわし」です。WEB屋の「野良人」に勤めるスタッフです。主な業務はエサ食べ、昼寝、甲羅干しなど。