近況:留守番明けの水質検査 他

2017年10月19日

先日の水質検査の続きと、その他近況です。

留守番後の水質検査

14日の昼~16日の夜までの留守番でした。

食欲も落ちてきたし、ちょっと確認しとこうか、という話があって、留守番前の記事で書いたように、留守番前後の水質の変化をチェックしています。

↓結果です。

日付 エサ 換水 アンモニア 硝酸塩
10/12(木) ×
10/13(金) ×
10/14(土) × 0mg/l ~25mg/l
10/15(日) × ×
10/16(月) × × 0mg/l 25mg/l
10/17(火) ×
10/18(水) × 0mg/l 25mg/l
10/19(木) 足し水

クサガメたわし アンモニア検査 ▲アンモニア:0mg

クサガメたわし 硝酸塩検査 ▲硝酸塩:25mg

結果としては、留守番後もほぼ変化なしでした(硝酸塩の部分で14日が「~25mg/l」で16日以降「25mg/l」と「~」が取れているのは、若干色が濃くなったためです)。

留守番中は、エサも食べてないしまぁ当然といえば当然ですが、その後も変化なしなのは、食がおちてフンが減ったとは言え、ついこのあいだまでと比べると汚れ方がダンゼン変わってすごいな、と思います。

この機に、どのくらい水換えなしでいけるか試してみるか、という話になっています。個人的には、結局フンの回収ができているかどうかが大きいのでは、と思うので、こまめにチェックしてもらえていれば長持ちするのではないかな、と思います。

ちなみに金曜日からエサ切りをくらっていたので、フンは出ない…はずでしたが、土曜日の昼前にプリっと出てきたので、前日からエサ切りしておけば絶対にフンが出ないかというとそういうわけでもないみたいです。

食欲が落ちているということは内臓のはたらきもカッパツではなくなってきているということなので、食べたエサがフンになって出てくるまでの時間も長くなってるのかもしれないです。

留守番明けのエサは…

さいきんは高級で高カロリーでおいしいレプトミンスーパーが主食になっていたのですが…。

留守番明けには、エサ切りお腹がへっているのをいいことに、ふつうのレプトミンを与えられました…。これはこれで、栄養バランスも良いし、けして安物ではないのですが、比べるとどうしても…。でも空腹には勝てないのでバクバクいきましたが。

それに味をしめて、翌日もふつうのレプトミンを与えられましたが、がんばってえり好みしてやったので、レプトミンスーパーももらうことができました。やみつきです。

保温球変えました

ぐっと寒くなってきて、陸場の温度が上がってなかったので26W→50Wにワット数を上げてもらいました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

たわし

たわし

クサガメの「たわし」です。WEB屋の「野良人」に勤めるスタッフです。主な業務はエサ食べ、昼寝、甲羅干しなど。