【カメの本】亀のジョンソン (大島 安希子)

2018年2月18日

クサガメのマンガの紹介です。

★あなたの人生に、いまカメが足りない!★

甘えたり怒ったり、カメってじつは感情豊か。
愛すべき生き物とのコミカル&ハッピーライフ♪

マイペースで自己主張の強いクサガメのジョンソンに、
アラサー独身女子・はるかは振り回されっぱなし!
でもそんな毎日がしだいに愛しく思えてきて…!?

想像以上にユーモラスなカメとの暮らしを描いたショートコミック!
(リクガメも出てきます☆)

亀のジョンソン 商品紹介

ネットでは、「亀の世話はカンタン」といった書き方で安易な飼育をすすめる駄文がありますが、このマンガは苦労しながらカメを知っていくヒトが描かれていて、好感が持てます。

ただし、マンガ的でオオゲサな表現や、マネしてはいけない飼い方が描かれている部分もあるので、あくまでフィクションとして読んでほしいな、と思います。

カメの良さと、生き物を飼うことの大変さ(←このへんを深く考えないヒトが多いから、外来野良ガメのような問題がおきるわけです)の両方を知ることができる良いマンガなので、カメ好きのヒトはもちろん、カメと暮らすことを検討しているヒトもぜひ読んでみるべきかな、と思います。

作者のインタビュー記事もありました↓↓

【亀好き悶絶】亀の嫉妬も気の強さもかわいいです。スタンプ全プレ!|今日のおすすめ|講談社コミックプラス

このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

たわし

たわし

クサガメの「たわし」です。WEB屋の「野良人」に勤めるスタッフです。主な業務はエサ食べ、昼寝、甲羅干しなど。

カテゴリー