1週間の長期留守番直前!水換えと水質検査

2018年12月28日

長期留守番の直前になってバタバタと水質検査や水換えがありました。

    留守番直前!

    こんにちは、たわしです。

    たわし水槽では、年末年始の長期留守番に向けて、準備を進めてきました。

    この記事でも紹介したように、水温を下げることで代謝を落とし、エサなしでも乗りきろうというのが基本方針です。ところで、したのようにツイートもしたのですが、直前になって生物濾過は大丈夫なのか心配になってきました…。

    そんなわけで、留守番が始まる前にチェックしてもらいました。

    ここで心配している濾過について、詳しくはコチラ↓の記事も見てみてください。

    検査結果

    クサガメたわし 水質検査結果

    アンモニア

    検出なし!よかった!

    普段23℃~26℃くらいのところを20~21℃程度に調整されているので、バクテリアがちゃんと機能するか心配でしたが、生物濾過は問題なさそうです。

    ちなみに、アンモニアの検査に使っていたテトラの試薬↓が、夏ごろから薬事法の問題とかなんとかで販売中止になっていたそうです…。今後、どうしようかな…。

    硝酸塩

    硝酸塩はこれで測ります↓

    結果は50mg/Lと、やや多めの硝酸塩が検出されました!

    留守番まえにこれは不安…ということで、出発直前にしっかり水換えをしてもらいました。

    クサガメたわし 水換え後の水質検査結果

    水換え後は25mg/Lと、問題ない水準。これでオッケー。

    準備万端!

    留守番準備完了!

    去年の留守番の経験(したの記事参照)から、けっこう蒸発することが分かっているので少し多めの水量になっています。水槽の左はしに、いつもの水量のラインが引いてありますが、そこからプラス2cm(5リットルくらい)の水量アップ。また、脱走防止のために陸場も取り外されています。あと、保温球の電源もオフにされました。陸場ないし、けっこうな高温になるので念のため、だそうです。

    エサがもらえなくてさみしいですが、頑張って留守番の任務をまっとうしたいな、と思います。帰ってきたらうまいエサをたっぷりと、お願いしますよ。

    このエントリーをはてなブックマークに追加

    プロフィール

    たわし

    たわし

    クサガメの「たわし」です。WEB屋の「野良人」に勤めるスタッフです。主な業務はエサ食べ、昼寝、甲羅干しなど。

    twitter:@tawashi_studio

    カテゴリー