濾過装置故障!?「水作 タートルフィルター」不調の原因と解決策

ある日突然濾過フィルターが止まってしまいました。代表は「故障した!」と焦っていましたが、開けてみたら一瞬で直ったというお話。

以前も紹介しましたが、たわし水槽では当初からずっとこちらのフィルターを使用しています。

今朝、こいつが突然動きを止めてしまう事態が発生。
くさがめたわし 停止したタートルフィルター

フィルターが止まったままだと、水に汚れが溜まっていく、ヒーターで温められた水が循環しない、十分な酸素が供給されず、濾過バクテリアが死ぬ、飼い主が焦る、など、いろんな問題があります。

一番困ったのは「お前なんかしたのか!?」とあらぬ疑いをかけられたことでしょうか。たわしは無実です。

早々にあきらめたのか、逃避または混乱しているのか、代表が新しいフィルターをAmazonで探し始めたので、とりあえず分解して原因を確認してはいかがかと進言しました。
くさがめたわし 進言するたわし
とりあえず調べてみたら…?

たしかに…とフィルターを分解した結果、一瞬で解決しました。

原因はコチラ。
くさがめたわし タートルフィルター不調の原因
中心部のスポンジ濾材が、インペラー(スクリューみたいな部分)に巻き込まれて、回転が止まっていただけでした。

1年以上の使用で、スポンジ濾材もだんだん劣化していたため、こう…びろーんとなりやすくなっていたために起こった事故でした。

解決策は「ぎゅっと押し込む」という原始的な方法。ちょっとカットして短くするのもアリかな、とのことでした。

くさがめたわし タートルフィルター復活
巻き込みを解消して、再設置。無事たわし水槽に水流が復活しました。

今回の教訓は「きちんと原因を確認する」ということと、「むやみに亀を疑ってはならない」ということでしょうか。とくに2つ目については、世の亀飼いの皆様もキモに銘じて頂きたいですな!

SNSにシェア
たわし
クサガメ。2014年生まれ。「たわしすたじお」の企画・記事執筆など運営全般を担当。たわしすたじお運営の他、WEB制作屋「野良人(のらんど)」のスタッフとして、昼寝・エサ食べ・昼寝・甲羅干し・昼寝・昼寝など多数の業務を担当。
広告
次の記事(2016/01/19)
成長の記録 2016/01/18:食欲安定
前の記事(2016/01/05)
亀水槽のお正月